自転車の冬期室内保管

冬期保管自転車1台につき、開発途上国のこどもたちに1食分の給食
TABLE FOR TWO を通じて届けております。

冬期の自転車室内保管は何故必要なのか?
札幌市で自転車を所有している場合、冬期間の室内保管は絶対条件です。
低価格・高級自転車に関わらず、冬場の屋外放置は自転車の寿命を大きく左右します。
雪解け時期に車輪の曲がった自転車を見かけたことがありませんか?
それは自転車を屋外放置した事による、降り積もった雪の重みで曲がってしまった物です。

1シーズン屋外放置した自転車に降積もる雪の重さは500~1,000kgです。
間違いなく屋外放置された自転車は1シーズン限りの使い捨て自転車になるのです。

自転車冬期室内保管で1シーズンでも多く乗れますように是非ご利用下さい。




冬期保管のご依頼からお届けまでの流れ

1 お引取り日時を決めて下さい 【お引取り期間】
11月16日~11月25日です。
ご要望にお応え出来ない場合がございます。
2 お電話でご予約を取って下さい 【ご予約期間】
11月1日~11月25日迄 ※200台限定になり次第終了です
3 自転車冬期保管期限 11月16日~翌年3月25日迄です(3月1日より順次お届けの連絡を致します)
4 ご自宅に自転車を引き取りに伺います 保管料金・修理代金はお引き取り時にお支払い下さい
5 冬期自転車保管料金 5,000円(1台、税込)
6 自転車のお届け日のご連絡 3月1日~3月25日(順次ご連絡を致します)
7 ご自宅に自転車をお届します 【お届け日】
は3月1日~3月25日です
8 保管後 保管後に自転車の音鳴り、預ける前と乗り心地が悪い等の申し出は一切お受けできません
9 保管期間を過ぎても、ご連絡のつかない場合、3月26日付けで1日2,000円の延長保管料を請求させて頂きます。
又3月30日迄に連絡のつかない場合、自転車お引取り時の場所に予告なく返却し、鍵を郵便受け等に返却します。
10 例外なく、保管期間中の自転車の出し入れは出来ません

じてんしゃ修理隊は、お客様と一緒に開発途上国のこどもたちが満足な食事が出来るように、修理していただいた自転車1台につき1食分の給食をTABLE FOR TWOを通じて、こどもたちに届けております。


011-813-3090